• 受付あと少し
      • 3月18日(日) 14:00~16:30
  • 【東京・御茶ノ水】急増する乗客をどう捌く!?大正昭和の大転換、激動の鉄道史を辿る
    ~赤煉瓦の旧万世橋駅から、大東京の最先端・白亜のモダニズム御茶ノ水駅まで~

中央線と総武線の乗換駅として
連日多くの人で賑わう御茶ノ水駅。
でもこの駅が、現代の超高密度交通に対応する
駅舎のルーツになったって、ご存知でしたか?

今回は、明治45年に開業した旧万世橋駅から
昭和7年に完成した現在の御茶ノ水駅まで。
この間の20年に「汽車」は「電車」へ、
「赤煉瓦」は「鉄筋コンクリート」へ。
鉄道の姿が、まさに大転換した時代をたどります。

急増する乗客をどう捌く!?
大東京の最先端・白亜のモダニズム御茶ノ水駅が、
現代の鉄道駅に与えた巨大インパクトとは?

御茶ノ水の地域情報拠点、
お茶ナビゲートの中村さんとともに
激動の鉄道史を訪ねましょう。


ガイドさん

  • 中村佳史 さん

    お茶ナビゲート、神保町・本と街の案内所運営管理責任者。地域情報活用に関するコーディネータ/コンサルタントとして、さまざまな文化事業をサポートしている。株式会社HUMIコンサルティング代表取締役。特定非営利活動法人連想出版理事。国立情報学研究所連想情報学研究開発センターにて、WEBコンテンツ展開や、図書館やミュージアムが所有する文化資源の発信、地域情報拠点施設の立上げや運営などに関わる。
    お茶ナビゲート

    担当コースを見る >

開催日時
2018年3月18日(日)14:00~16:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
お茶ナビゲート アクセス
・JR「御茶ノ水」から徒歩1分 ・東京メトロ「新御茶ノ水」直結
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約1.5km】1.お茶ナビゲート(座学) → 2.御茶ノ水ソラシティ → 3.旧昌平橋駅跡 → 4.mAAch ecute 神田万世橋(旧万世橋駅遺構) → 5.昌平坂 → 6.聖橋 → 7.御茶ノ水橋 → 8.御茶ノ水駅 (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(先着順・要予約)
共催
お茶ナビゲート
コースナンバー
ky18b042b
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催3日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら >
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:3月18日(日)まで

▲ ページ上部へ