order dissertation online
    • 開催済
      • 8月26日(日) 9:00~12:00
  • 【清滝】保津川マイスターといく2億年の大自然!清滝から保津峡へ
    ~渓谷に涼を求めて、清流のほとりで焼きたての天然鮎を味わう~

古くから風流人たちに愛されてきた
清遊の里・清滝。

愛宕山の宿場として栄えた
谷あいの集落から、
清滝川に沿って歩きます。

清流の音、鳥や虫の鳴き声が響き、
美しさに名を由来する「金鈴渓」。

清滝川と保津川の合流地「落合」。
丹波の鮎を京の都へ運んだ「鮎の道」を
たどって保津峡駅まで。

最後は、保津川下りの舟を眺めながら
河川敷で鮎の塩焼きをいただきましょう。

2億年の岩盤が迫り出す大自然。
渓谷に涼を求めて、清滝をめぐります。


ガイドさん

  • 原田禎夫 さん

    NPO法人プロジェクト保津川代表理事。保津川で毎月清掃活動を行うほか、筏復活プロジェクトも手がける。大阪商業大学准教授、大学では河川の環境や水運文化を研究。自他共にみとめる川バカ!
    プロジェクト保津川
    原田禎夫ゼミ公式ウェブサイト

    担当コースを見る >

  • 山内博 さん

    猟師。幼少時より父に連れられて猟へ。20歳で狩猟免許を取得し、京都の料理屋さんにも肉を卸す、プロの猟師となった。鉄砲も使うが、食肉用にはわな猟とこだわっている。夏には鮎漁の川漁師、保津川下りの船頭、船大工と、様々な顔を持つ。2014年にはアメリカ人船大工ダグラス・ブルックス氏とともに、木造和船の復元を手がけた。

    担当コースを見る >

開催日時
2018年8月26日(日)9:00~12:00頃
集合場所
京都バス「清滝」バス停
・阪急電車でお越しの方は、京都バス92系統清滝行「阪急嵐山駅前」8時42分発にご乗車ください。
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約3.7km】 京都バス「清滝」バス停 → 1.清滝 → 2.清滝川 → 3.金鈴渓 → 4.落合 → 5.保津川 → 6.JR「保津峡」(解散)
参加費用
4,000円(保険料含む) ※天然鮎の塩焼き付き
定員
20名(先着順・要予約)
注意
山道や岩場を歩きます。滑りにくい靴でお越しください。
コースナンバー
ky18c057
共催
NPO法人プロジェクト保津川
※当イベントの収益金は、保津川の環境保全に役立てられます。
協力
保津川漁業協同組合
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催3日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ