• 開催済
      • 12月1日(土) 10:00~15:00
  • 【天ヶ瀬ダム】京阪王国、宇治にかけた夢!ダム湖に沈んだ「おとぎ電車」の痕跡
    ~宇治線着工前の大転換、起死回生の遊覧鉄道、運命を決した天ヶ瀬ダムまで~

一大観光地・宇治を狙って着々と準備を
進めていた、明治末期の京阪電車。
しかし、思いがけぬ急な路線変更と突貫工事に。
宇治川の左右どちらを行く!?
その理由を追って「桃山南口」駅へ。

「六地蔵」には、京阪がなんと
名古屋を狙った野望の痕跡が…!
陸軍工場へと続いた、巨大な築堤。
戦前のダイナミックな鉄道・水力電気事業。

そして戦後、大観光地・嵐山を失った
京阪が宇治にかけた、
起死回生の遊覧鉄道「おとぎ電車」とは?

京阪電車、宇治川電気、関西電力…
大企業たちが宇治川で繰り広げた、夢と苦悩。
京阪宇治線から「おとぎ電車」の痕跡をたどって、
運命を決した天ヶ瀬ダムを目指します!


ガイドさん

  • 氏江義裕 さん

    山科生まれ。気象予報士資格保持者。都市計画や地図、鉄道ダイヤが大好き。ニュータウンで育った経験と、神を崇め田畑に勤しむ父方ルーツの佐渡島とのギャップから、街づくりに興味を持つ。田舎から出てきた祖父母が見た京都は、一体どんなまちだったのだろうかと、大正・昭和初期のモダン京都に思いを馳せる。「まいまい京都」のヘビーリピーターだったが、2012年秋ついにガイドデビュー。
    Facebook

    担当コースを見る >

開催日時
2018年12月1日(土)10:00~15:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「中書島」北改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:5.9km】京阪「中書島」駅 → (乗車) → 1.桃山南口駅 → (乗車) → 3.六地蔵駅「京阪電鉄橋梁」 → 4.火薬製造所分工場引込線跡 → 5.木幡駅 → (乗車) → 6.京阪宇治駅 → (各自で昼食) → 7.宇治駅前バスターミナル(旧宇治駅跡) → 8.ダム資材運搬線跡 → 9.宇治川発電所放流口 → 10.おとぎ電車・運搬線廃線跡 → 11.天ヶ瀬ダム (解散)
道のアップダウン度★☆☆ 最後に坂道を登ります。
※終了後、希望者でタクシーを宇治駅まで乗り合いましょう。希望の方は申込時、備考欄に記入下さい。
参加費用
5,000円(保険料含む)
※電車代・昼食代が別途必要です。「宇治伏見1Dayチケット」(800円)を事前に購入されるとお得です。
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky18d244
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ