order dissertation online
    • 開催済
      • 12月9日(日) 9:30~12:00
  • 【平安宮】考古学者とめぐる平安宮、王朝絵巻の舞台へ
    ~天文を司る陰陽寮、呑めや歌えや豊楽院、天皇のプライベート空間・内裏~

天皇が住まわれる内裏をはじめ、国家行政機関が
集中して建ち並んだ都の中枢部、平安宮へ。

平安京のメインストリート、
約84mもの幅を誇った朱雀大路を北上すると、
中枢部へと続く正門、二階造りの巨大な朱雀門が。

朱雀門を入って東側には、国家財政を統括する民部省。
現在の内閣に相当する最高国家機関・太政官。
その北側には、天文を司る陰陽寮。
安倍晴明はここで勤務していました。

中心部には、国家の重要儀式が行われた朝堂院。
正面に大極殿、左右に十二の朝堂や
楼閣を従え、壮大な偉容を誇ったでしょう。

そして、天皇のプライベート空間・内裏。
呑めや歌えや、巨大な宴会スペース豊楽院。
その北西には、お酒をつくる造酒司。
諸官庁は、実務の実態に合わせて
極めて合理的に配置されていました。

地上から消えてしまったかに見える平安宮。
しかし、度重なる発掘調査により
その全容が明らかになりつつあります。
考古学者と、王朝絵巻の舞台を訪ねます。


ガイドさん

  • 山本雅和 さん

    考古学者。京都市生まれ。30年にわたり京都の遺跡の調査・研究に取り組んでおり、京都のことにかけては博覧強記の物知り。ただ、京都に没頭するあまりか、他所のことはあまり知らない。
    京都市考古資料館

    担当コースを見る >

開催日時
2018年12月9日(日)9:30~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「二条」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.6km】JR「二条」 → 1.朱雀門跡 → 2.式部省跡 → 3.民部省跡 → 4.太政官跡 → 5.内酒殿跡 → 6.内裏跡 → 7.大極殿跡 → 8.豊楽院跡 → 11.造酒司跡 → 12.京都アスニー (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky18d276
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ