• 開催済
      • 3月10日(日) 9:30~12:00
  • 【鴨川】発見、最古の鴨川管理マニュアル!研究者と、京都を育んだ鴨川をいく
    ~水の神様、貴族の井戸、運河の庭園…水が分かれば、京都が分かる~

2019年1月、最古の鴨川管理マニュアルが
発見されたと、ニュースが駆け巡りました。

堤防や護岸が色別に描かれ、
江戸時代の河川管理について詳細に記録。
今回はその発見者、鈴木さんとともに
絵図を読み解きながら、鴨川をめぐります。

暴れ川、鴨川との共生。
今も残る貴族の井戸!?
「山紫水明」が生まれたところ。
運河を引き込んだ庭園まで。

盆地の地下に、琵琶湖に匹敵する水量の
巨大な水がめを持つ、水の都・京都。

水が分かれば、京都が分かる!
人と水の関わり、
京都を育んだ鴨川を訪ねましょう。

 
江戸期の鴨川 管理の極意
京産大教授、詳細な絵図発見(毎日新聞)


ガイドさん

  • 鈴木康久 さん

    京都産業大学教授、水文化研究者。著書に「水が語る京都の暮らし」「京都 鴨川探訪」「もっと知りたい水の都・京都」など。琵琶湖・淀川流域圏連携交流会代表幹事を務める。骨董歴30年の自称達人。カッパ研究会世話人。
    カッパ研究会
    水が語る京の暮らし(Amazon)

    担当コースを見る >

開催日時
2019年3月10日(日)9:30~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「出町柳」叡電口改札前(地下構内です)
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約3km】 京阪「出町柳」 → 1.鴨川の飛び石 → 2.出町妙音堂 → 3.梨の木神社(染井)で名水をいただく  → 4.雲水の井(廬山寺) → 5.御土居掘 → 6.山紫水明処を鴨川側から → 7.高瀬川取水口 → 8.一之船入 (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
15名(要予約)
コースナンバー
ky19b021
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ