order dissertation online
    • 開催済
      • 5月2日(木) 9:30~15:30
  • 【芦屋】一から学ぶ芦屋モダニズム、建築史家と3つの名建築を拝見・座学付き
    ~F.L.ライト異色の傑作、和と洋交じる大邸宅、コルビジェ弟子の公共建築まで~

日本屈指の高級住宅街・芦屋。
財界人たちがこぞって豪邸を建て、
数多のモダニズム建築が
今も街を彩っています。

“20世紀最高の建築家”と名高い
フランク・ロイド・ライトの建築で、
国内唯一ほぼ完全な姿を残す、旧山邑邸。
今年2月ついに修復が完了。
重厚でエキゾチックな意匠、迷路のような空間構成、
その価値の高さから、大正以降の建築として
初めて、重要文化財に指定されました。

そして、大大阪を代表する建築家
安井武雄が手がけた、旧山口邸。
和でも洋でもない「自由様式」の建築思想が
細部まで行き渡った、戦前の傑作です。

ル・コルビュジエの弟子、坂倉準三が
設計した、芦屋市民センター。
打ち放しコンクリートが力強い
まるで要塞のような、戦後の公共建築。
こちらでモダニズム建築について、
座学でしっかり学びましょう。

六甲山麓の斜面地ならではの、3つの名建築。
建築史家・笠原先生とともに、じっくり拝見します。


ガイドさん

  • 笠原一人 さん

    京都工芸繊維大学助教。専攻は近代建築史、建築保存再生論。住宅遺産トラスト関西理事。DOCOMOMO Japan理事。共編著に『建築と都市の保存再生学』『記憶表現論』ほか。共著に『近代建築史』『関西のモダニズム建築』『村野藤吾の住宅デザイン』『村野藤吾の建築』ほか。

    担当コースを見る >

開催日時
2019年5月2日(木・祝)9:30~15:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
芦屋市民センター 本館403号室 アクセス
・JR「芦屋」駅より改札口を南に出て、西へ徒歩約7分
・阪急電車「芦屋川」駅より改札口を南に出て、南へ徒歩約7分
コースルート
【距離:約3.0km】1.芦屋市民センター(座学) →  JR芦屋駅周辺(各自で昼食) → 2.滴翠美術館 → 3.ヨドコウ迎賓館 (解散) 道のアップダウン度★☆☆ 坂道が多いです。
参加費用
8,000円(保険料含む) ※ヨドコウ迎賓館、滴翠美術館入館料込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
23名(要予約)
コースナンバー
ky19b164
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ