• 開催済
      • 11月16日(土) 9:30~11:30
  • 【栗原邸】モダニズム建築のパイオニア!建築史家と、通常非公開の栗原邸へ
    ~セセッション調度品、最先端の特殊コンクリート、遊び心溢れるモダン住宅~

建築の歴史において、モダニズムの登場は
極めて重要な意味を持っています。
鉄やコンクリートを使い、機能性を追求。
それまでの建築のあり方や
人々の生活を根本的に変えてしまいました。

今回は、日本のモダニズム建築の
パイオニア、本野精吾が設計した
通常非公開の栗原邸へ。

印象的な半円形の玄関ポーチ。
最先端の特殊なコンクリートブロック。
世界的な芸術運動・セセッションの
影響を受けた、照明や調度品。
本野自身がデザインした家具も残されています。

合理性を追い求める一方で、
モダニズムへの移行期ならではの
遊び心あふれる装飾も。

日本のモダニズム建築の夜明け。
栗原邸を日々管理されている
建築史家・笠原先生とともに、
じっくり堪能しましょう。


ガイドさん

  • 笠原一人 さん

    京都工芸繊維大学助教。専攻は近代建築史、建築保存再生論。住宅遺産トラスト関西理事。DOCOMOMO Japan理事。共編著に『建築と都市の保存再生学』『建築家 浦辺鎮太郎の仕事』ほか。共著に『近代建築史』『関西のモダニズム建築』『村野藤吾の住宅デザイン』『村野藤吾の建築』ほか。

    担当コースを見る >

開催日時
2019年11月16日(土)9:30~11:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
地下鉄「御陵」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:1.8km】地下鉄「御陵」駅 → 1.本邦最初鉄筋混凝土橋 → 2.琵琶湖疏水 → 3.栗原邸 (解散)
参加費用
4,000円(保険料含む) ※栗原邸修復協力費込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
30名(要予約)
コースナンバー
ky19d205
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ