• 開催済
      • 11月17日(日) 14:00~16:30
  • 【中書島】建築目線で元遊郭から城下町へ、江戸時代の町家を拝見
    ~デザイン・建材・時代性…建物に刻まれたライフヒストリーを読み解く~

伏見最大の遊郭として、
また昭和を色濃く残す歓楽街として
栄えた中書島へ。

何気ない風景や建物に見えても、
そこには人々のライフヒストリーが
確かに刻まれています。

お店の一部分を改修した跡、
看板を取り外した跡、
まちづくりが変わった跡…
建物のほんの一角から、道のでき方まで。
江戸時代から、今年のものまで。

建築目線、痕跡目線でまち歩き。
最後は、ガイドが暮らす
江戸時代の町家を拝見します。

時代ごとの生活スタイルが、
どのように空間を変えていったのか。

デザイン・建材・時代性…
街中に刻み込まれた、
生活史の痕跡を愛でましょう。


ガイドさん

  • 清山陽平 さん

    京都大学大学院建築学専攻、京大デザインスクール所属。旅先や身近にある何気ない建物や風景に惹かれ、研究を続ける。ほかに、自宅町家にて住み開き実験、農山村で地域づくり活動、都市の「柔らかさ」研究会の主宰も。趣味は落語鑑賞、タブラ演奏、マラソンなど。

    担当コースを見る >

開催日時
2019年11月17日(日)14:00~16:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「中書島」北改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:1.6km】京阪「中書島」駅 → 1.中書島繁栄会 → 2.竜馬通り商店街 → 3.風呂屋町商店街 → 4.毛利橋(清山家、内部見学)  (解散)
参加費用
2,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky19d210
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ