• 受付終了
      • 2月24日(月) 13:30~16:30
  • 【坂本】考古学者といく石積の宗教都市、日吉大社・本殿床下の隠れ部屋を特別参拝
    ~神と仏の集合の地、滋賀院門跡を拝見、50の里坊が連なるもう一つの延暦寺へ~

僧侶たちの住まい「里坊」が
50を越えて連なる、石積の宗教都市・坂本へ。

まずは、そのなかでも最も格式高い
歴代天台座主が暮らした「滋賀院門跡」を拝見。
城かと見まがうような石垣。
狩野派による一面の障壁画。
小堀遠州作庭という、豪快な庭園は圧巻です。

そして、穴太衆と呼ばれる
石工集団が築いた石積のまちは、
どうやって生まれたのでしょうか?
時代による変化、積み方、その理由…
石積の調査に長年携わる考古学者、
吉水さんとともにその謎に迫ります。

最後は、比叡山の守護神・日吉大社へ。
壮麗な桃山建築の社殿群をめぐりましょう。
今回はなんと、本殿床下の“下殿”を特別参拝。
この隠れ部屋こそが、神と仏が集合した
痕跡って・・・いったいどういうこと!?

端正な石積みが延々と美しい
“もう一つの延暦寺”坂本を、
じっくり堪能します。


ガイドさん

  • 𠮷水眞彦 さん

    考古学研究者。大津市教育委員会埋蔵文化財センター所長、大津市歴史博物館副館長、滋賀大学非常勤講師を歴任。近江大津宮跡・坂本城跡・渡来人関係遺跡などの調査・研究に約40年従事してきた。大津市坂本地区の町並み保存を担当した経験から、中近世近江の都市的景観も探求している。坂本城を考える会顧問。

    担当コースを見る >

開催日時
2020年2月24日(月・祝)13:30~16:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「坂本比叡山口」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:3.0km】京阪「坂本比叡山口」駅 → 1.石積みのまち → 2.里坊 → 3.滋賀院門跡 → 4.日吉大社 (解散) ※靴を脱いで上がる場所があり
参加費用
4,500円(保険料含む) ※滋賀門跡・日吉大社拝観料込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky20a068
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

受付は終了しました

▲ ページ上部へ