• 受付終了
      • 3月15日(日) 14:00~16:30
  • 【浪速・大正・西成】社会史学者と三区境域ツアー!大阪の西ヘリ、渡し船に乗って
    ~被差別部落、屠畜場、リトル沖縄…巨大水門から都会の秘境駅まで~

大阪の下町の暮らしを色濃く残す、
浪速区・大正区・西成区。
今回は、この三つの区が接する
極めて魅力的なエリアを巡ります。

江戸時代には日本有数の被差別部落が存在し、
全国屈指の皮革業のまちとして
名を馳せた、浪速区。

区全体が運河に囲まれた島で、
7ヶ所の渡し船が今も欠かせない大正区。
沖縄出身者が軒を連ねる
「リトル沖縄」としても知られています。

そして、大阪を代表する庶民の町・西成区。
かつては木津川水運との連絡駅として賑わい、
今は大阪市内で乗客数ダントツ最下位という
都会の秘境駅にも立ち寄ります。

三区の境域をめぐり、渡し船に乗って。
大阪といえば中心部の町人・商人文化が
クローズアップされがちですが、
周縁<ヘリ>には多様な暮らし、
庶民文化が息づいています。

社会史学者・吉村さんとともに、
もう一つの大阪を発見しましょう。


ガイドさん

  • 吉村智博 さん

    国際日本文化研究センター客員准教授。専攻は、都市部落史・寄せ場史。主な著書に『かくれスポット大阪』『近代大阪の部落と寄せ場-都市の周縁社会史』『釜ヶ崎のススメ』など。
    近代大阪の部落と寄せ場

    担当コースを見る >

開催日時
2020年3月15日(日)14:00~16:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「芦原橋」北改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:4.0km】1.芦原橋駅 → 2.鼬川橋梁下 → 3.新田帯革工場跡 → 4.琴江橋跡 → 5.海の玄関口記念碑 → 6.万歳跡橋 → 7.浪速神社 → 8.南海汐見橋線木津川駅 → 9.木津川の水門 → 10.落合上の渡し(渡し船) → 11.今宮屠場跡 → 12.南海「津守」駅 (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
20名(要予約)
コースナンバー
ky20b039
  • 参加費は当日集合時、現金もしくはPayPayにてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

受付は終了しました

▲ ページ上部へ