• キャンセル待ち
      • 3月22日(日) 9:00~12:00
  • 【どぼくカフェ】工学博士と東海道中膝栗毛!街中土木をいちいち楽しむ
    ~明治の国道プロジェクトにグッとくる!琵琶湖疏水・車石・マンホールまで~

私たちの身の回りは、普段気づかない
「どぼく」に囲まれています。

その「どぼく」を再発見し
愉しむことができるのは、
大人ならではの嗜みです。

今回は、どぼく版「東海道中膝栗毛」!
江戸から京都へ向かう、最後の峠。
東海道から明治、そして昭和の国道1号へ。
そのグッとくる土木工事とは!?
京都の国道の基礎、まさにここにあり。

江戸時代のインフラ革新、車石!
琵琶湖から京都に水を通す、
明治の一大プロジェクト・琵琶湖疏水。
日本初の鉄筋コンクリート橋。

もちろん、マンホールや道路標識、電柱まで、
身近な土木の楽しみ方レクチャーも。

工学博士ならではの見方・愛で方・歩き方。
街中土木をいちいち楽しみましょう!


ガイドさん

  • 高橋良和 さん

    京都大学教授、工学博士。橋の耐震安全性については、日本有数のスペシャリスト。ダムや道路など土木そのものに夢中となり、マニアックな土木を楽しむ「どぼくカフェ」を開催している。近著(共著)に「ようこそドボク学科へ!」。
    京大先生図鑑「高橋良和先生」

    担当コースを見る >

開催日時
2020年3月22日(日)9:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
地下鉄「蹴上」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約3.5km】地下鉄「蹴上」駅 → 1.琵琶湖疏水インクライン → 2.旧東海道・国道 → 3.日ノ岡峠修路碑 → 4.車石 → 5.京津国道改良記念碑 → 6.琵琶湖疏水日ノ岡11号橋 → 7.琵琶湖疏水山の谷橋 → 8.琵琶湖疏水煉瓦工場跡 → 地下鉄「御陵」駅 (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky20b060
  • 参加費は当日集合時、現金もしくはPayPayにてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:3月22日(日)まで

▲ ページ上部へ