• 受付終了
      • 4月19日(日) ・5月10日(日)・24日(日)・6月21日(日)
  • 【まいまい大学】一から学ぶ日本建築、1300年のダイナミックな変遷を追う
    ~世界に比類なき構造と意匠、建築史家と極上の名建築を見比べながら~

緻密に、ときに大胆に木を多用して、
世界に比類なき構造と意匠を
完成させた日本建築。

大陸から伝わった技術と
日本独自の美意識や空間の使い方が融合して、
ダイナミックな発展を遂げてきました。

各時代の名建築が密集する
京都・奈良・滋賀で、
建築史家の西田先生とともに
日本建築を一から学びましょう。

幾度となく生み出される技術革新。
木材の流行、美意識の移り変わり。
社会や暮らしの変化とともに、
大きく変わっていく姿。
そしてそれらは、現代の建築に
どう繋がっていくのか。

座学を含む全5回で、
古代から近代にかけての名建築を巡ります。
見比べてこそ体感できる
建築の系譜、極まった美しさ。

日本人の暮らしを形づくってきた、
めくるめく日本建築の魅力に迫ります。


ガイドさん

  • 西田紀子 さん

    国立文化財機構奈良文化財研究所主任研究員。専門は日本建築史。歴史的建造物の調査・研究、飛鳥の発掘調査などに従事。近年は飛鳥資料館研究員として『飛鳥―自然と人と―』『Asuka Past&Present』などを編著した。時代とともに変化していく建築が大好き。

    担当コースを見る >

カリキュラム

【第1回/座学】日本建築の基本と特徴
2020年4月19日(日) 9:30~11:30頃
・座学
【第2回/奈良時代】唐への憧れ、花開く仏教建築

2020年4月19日(日) 13:30~17:00頃
・唐招提寺(金堂→講堂→礼堂等) → 薬師寺(金堂→東院堂→東塔→西塔→食堂等)
【第3回/平安時代】王朝貴族の祈り、日本独自の造形
2020年5月10日(日) 13:00~16:30頃
・平等院(鳳凰堂→養林庵書院※) → 宇治神社 → 宇治上神社 ※普段非公開
【第4回/桃山時代】武家政権の大造営時代、和室の原点・書院造
2020年5月24日(日) 13:30~16:30頃
・三井寺(釈迦堂→金堂→唐院→勧学院※→光浄院※) ※普段非公開
【第5回/明治時代】伝統からの飛躍と新たな造形美、近代和風建築
2020年6月21日(日) 14:00~16:00頃
・旧三井家下鴨別邸 ※2階貸切、3階望楼は普段非公開
集合場所
【第1回】奈良文化財研究所  アクセス
・近鉄「大和西大寺」駅から徒歩10分
【第2回】唐招提寺 南大門前 地図
【第3回】平等院 表門前 地図 アクセス
【第4回】三井寺 総門前 地図
【第5回】京阪「出町柳」叡電口改札前(地下構内です)
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
参加費用
32,000円 (保険料含む) ※全拝観料込み
※第1回の集合時にお支払いください。
※全日程に参加できない場合も、参加費の払い戻しはできません。
定員
18名(要予約)
注意
第3~5回は、必ず靴下を着用してご参加ください。
共催
第5回 旧三井家下鴨別邸運営コンソーシアム
写真提供
4~6枚目 ©平等院
コースナンバー
ky20b136
  • 参加費は当日集合時、現金もしくはPayPayにてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催20日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

受付は終了しました

▲ ページ上部へ