• 受付中
      • 2月14日(日) 14:00~16:00
  • 【ライブ配信】一から学ぶ植民地建築、海を越えた帝国の建築ネットワーク
    ~台湾・朝鮮・満州、建築史家・松下先生のオンライン白熱教室~

日清戦争から第二次世界大戦にかけて、
東アジアの各地に築かれた
日本の「植民地建築」。
それらは今なお現地で異彩を放ちながらも、
日本近代建築史の大きな空白として
長らく忘れられた存在でした。

しかし近年、各地で研究が進展。
意匠、技術、人・組織…
海を越えた帝国のネットワークの実態が
鮮やかに浮かび上がってきたのです。

台湾・朝鮮・満州、
各地に遺された植民地建築と、その特徴。
日本の近代建築との違いや共通点。
日本人建築家たちの
「世界建築」とも呼ぶべき先進性。
建築を通して見えてくる、時代とその社会。

建築史家・松下先生のオンライン白熱教室!
日本の支配の実態をまさに体現する
「植民地建築」に迫ります。


ガイドさん

  • 松下迪生 さん

    建築史家。博物館明治村の建築技師として、明治村が有する全64件の文化財建造物の維持管理や、保存修理の設計監理に従事する。日本とその植民地の近代建築史、都市史の研究も行う。

    担当コースを見る >

開催日時
2021年2月14日(日)14:00~16:00頃
※ライブ配信後、2週間は見逃し配信でご覧いただけます。
集合場所
決済が完了した方へ限定公開のURLをお送りします。
参加費用
2,000円
お支払い
・申込後の自動返信メールをご確認下さい。クレジットカード決済または銀行振込でお願いいたします。
・銀行振込の方は、開催前日までにお支払いをお済ませください。
・決済システムの都合上、お一人ずつお申し込みください。個別のクレジットカード決済が必要です。
・お支払い後の返金はできません。

注意
迷惑メールフィルタ等が原因で、当方からのメールが届かない場合がございます。
お支払い後、限定公開URLが届かない場合は、こちらより必ずご連絡ください。
備考
・まいまいスタジオからライブ配信します。ZOOMウェビナーまたはVimeoで、ご覧いただけます。
・ZOOM・Vimeoともに、会員登録は不要です。
ライブ配信について、よくある質問はこちら>
コースナンバー
ky21a029i

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:2月14日(日)まで

▲ ページ上部へ