• 開催済
      • 4月24日(土) 10:00~12:00
  • 【渉成園】御用庭師といく東本願寺の別邸庭園、名庭の美を紡ぐ技と心に迫る
    ~文人趣味の御殿群、春らんまんの池泉庭園、通常非公開・印月池舟着き場跡まで~

京都駅のほど近く、外からは
窺い知れない長大な築地塀が続く、
東本願寺の飛地境内地
「渉成園」をご存知でしょうか?

一万坪を越える広大な敷地に、
美しい園池と瀟洒な御殿群が。
明治天皇をはじめ多くの偉人たちを
迎えてきた、京都では珍しい
大名庭園かのような名庭です。

今回はなんと、御用庭師を務める
植彌加藤造園の太田さんが、
春らんまんの苑内をじっくりご案内。

秀吉が築いた「御土居」が島に!?
江戸時代、渉成園を天下の名庭として
世に知らしめた「十三景」とは?

琵琶湖疏水を引いた、本願寺水道の遺構。
通常非公開・印月池
舟着き場跡にも立ち入り、
池泉回遊式ならではの
文人たちの粋な庭あそびに興じましょう。

渉成園の異名「枳殻邸」の由来となった
カラタチが花咲く季節。
名庭に尽くされた、美と技の数々を堪能します。


ガイドさん

  • 太田陽介 さん

    嘉永元年(1848)創業、植彌加藤造園の庭師。東本願寺・渉成園の御用達として担当を務める。京都の景色に欠かせない東山の林相改善事業の整備や研究も行っている。いきもの全般が大好きで、自然界にあるものは「とりあえず何でも食べてみる」主義。
    植彌加藤造園

    担当コースを見る >

  • 和田貴子 さん

    植彌加藤造園 自然文化サービス部マネージャー。庭園コンシェルジュ。京都府立けいはんな記念公園で10年間企画運営に携わった後、庭園・森林にフィールドを移す。草木や石、いきものの声に耳を澄まし、自然と寄り添う精神を庭師に学びながら、京都の文化や暮らしを支える自然生態系の魅力を伝えている。
    植彌加藤造園

    担当コースを見る >

開催日時
2021年4月24日(土)10:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
渉成園 受付前 地図(Googleマップ)
・地下鉄「五条」駅から徒歩8分
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:0.7km】1.高石垣 → 2.大玄関 → 3.双梅檐 → 4.漱枕居 → 5.閬風亭 → 6.蘆菴前 → 7.傍花閣 → 8.園林堂 → 9.臨池亭・滴翠軒 → 10.代笠席 → 11.侵雪橋 → 12.北大島 → 13.回棹廊 → 14.丹楓渓 → 芝生広場 (解散)
参加費用
4,000円(保険料含む) ※庭園維持寄付金込み
※渉成園ガイドブック、庭園研究資料、植彌加藤造園クリアファイル付き
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky21b128
  • 新型コロナウイルス対策について>
  • 参加費は当日集合時、現金もしくはPayPayにてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。
  • ツアー終了後、アンケートにご協力ください。アンケートフォームはこちら

▲ ページ上部へ