• 受付終了
      • 5月1日(土) ・3日(月・祝)
  • 【サロン限定】一から学ぶ植治の庭、天才庭師の革新・自然美を極めた6つの名庭へ
    ~近代数寄者たちと創り上げた日本庭園、南禅寺界隈から都ホテル、東山の別邸まで~

自然美を極め、日本庭園を革新した
天才庭師、七代目小川治兵衛・通称植治。
「水と石の魔術師」と評される
植治の庭を、2日間かけてじっくり学びます。

まずは、南禅寺界隈の別邸「白河院」へ。
建築界の巨匠・武田五一が手掛けた和館、
植治の庭を眺めながら
ランチをいただきましょう。
匠の技の共演、東山を望む
雄大な空間構成に、思わず息を呑みます。

そしてなんと、京都の迎賓館として名高い
都ホテルの庭園を拝見。
七代目の長男・白楊が手掛けた
巨大な岩盤に滝を流す「佳水園」。
急斜面の地形を活かした
植治の遺作「葵殿」庭園をめぐります。

二日目はまず、植治の出世作
「平安神宮神苑」を訪ねます。
深山から沢渡りまで、卓越した
“自然の表現”を、読み解きましょう。
そして「円山公園」へ。
植治と武田が目指した、新たな“公園”の姿とは?

最後は、円熟期の傑作「十牛庵」を特別に拝見。
なんと、植治には極めて珍しい枯山水。
東山の斜面を活かし変化に富んだ三段構成、
京都盆地を望む絶景庭園を堪能します。

明治に花開いた、極上の庭園文化。
まさに時代を切り拓いた天才庭師、
6つの名庭を味わい尽くします。

「烏賀陽ゆりの、ときめく日本庭園サロン」
メンバー限定のツアーです。
4/10までに当サロンへご参加の方のみ、お申込いただけます。


ガイドさん

  • 烏賀陽百合 さん

    庭園デザイナー。カナダ・ナイアガラ園芸学校で園芸とデザインを学び、イギリスの王立キューガーデンでインターンを経験。30ヶ国を旅し、世界中の庭園をまわってきた。ニューヨーク・グランドセントラル駅構内に石庭を造り、日本庭園の空間をプロデュース。著書に『一度は行ってみたい京都 絶景庭園』『京都もてなしの庭』など。

    担当コースを見る >

開催日時
【1日目】5月1日(土)10:00~16:00頃
【2日目】5月3日(月・祝)14:00~17:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
【1日目】kokoka京都市国際交流会館 研修室 アクセス
【2日目】平安神宮 応天門前  アクセス
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【1日目】kokoka京都市国際交流会館(座学) → 白河院(昼食) → 都ホテル (解散)
【2日目】平安神宮神苑 → 円山公園 → 高台寺十牛庵 (解散)
参加費用
20,000円(保険料含む) ※全見学料、白河院昼食代込み
※バス代230円が別途必要です。
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky21b156
  • 新型コロナウイルス対策について>
  • 参加費は当日集合時、現金もしくはPayPayにてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。
  • ツアー終了後、アンケートにご協力ください。アンケートフォームはこちら

受付は終了しました

▲ ページ上部へ