• 開催済
      • 9月18日(土) 9:00~12:00
  • 【梅田】墓地だった荒地は巨大ターミナルに!「梅田すてんしょ」物語
    ~一夜で天地逆転の阪急梅田駅、ついに果たせなかった京阪梅田駅まで~

昨年、梅田の再開発地区で
1500体以上もの人骨が出土したという
ニュースが話題を呼びました。

西日本最大の巨大ターミナル「梅田」。
実はかつて、なんと墓場や
泥田が広がる荒地だったのです。
「ウメタ」から梅田の地名ができた…
とも言われています。

その荒地が、激変したキッカケとは?
当初は有力だった、梅田ではなく
堂島に計画されていた大阪駅の姿とは?

その後、阪神電車や阪急電車が乗り入れ。
世界初のターミナルデパート開店し、
一夜で天地逆転した阪急梅田駅。
旧梅田駅の面影が残る通路や吹き抜け。

そして、ついに果たせなかった
涙の京阪梅田駅。
今に引き継がれる、その苦闘の痕跡・・・
って一体どういうこと!?

鉄道とともに発展したまち、
「梅田すてんしょ」物語をたどります。

 
大阪・梅田で人骨1500体
江戸から明治期、庶民埋葬(日経新聞)


ガイドさん

  • 氏江義裕 さん

    山科生まれ。気象予報士資格保持者。都市計画や地図、鉄道ダイヤが大好き。ニュータウンで育った経験と、神を崇め田畑に勤しむ父方ルーツの佐渡島とのギャップから、街づくりに興味を持つ。田舎から出てきた祖父母が見た京都は、一体どんなまちだったのだろうかと、大正・昭和初期のモダン京都に思いを馳せる。
    Facebook

    担当コースを見る >

開催日時
2021年9月18日(土)9:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
大阪メトロ「淀屋橋」北改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.3km】 大阪メトロ「淀屋橋」 →  1.中之島(大阪市役所前) → 2.堂島米会所跡 → 3.官営鉄道大阪駅当初予定地 → 4.初代大阪駅跡地 → 5.梅田墓地の名残 → 6.大阪駅前 → 7.阪急梅田 → 8. 箕面有馬鉄道梅田駅跡地 → 10. 京阪梅田駅予定地跡 (解散)
参加費
3,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky21d042

▲ ページ上部へ