• キャンセル待ち
      • 12月19日(日) 9:30~12:00
  • 【西陣】職人たちが暮らす“辻子”の町!元生糸問屋専務といく、織屋街の裏みち小道
    ~織物司が通した紋屋辻子、斎王が暮らした地、糸を染める西陣五水まで~

京都の碁盤目の通りを
まるで迷路のように繋ぐ細い小道
“辻子”をご存知でしょうか?

史料等で確認できる百数十例のうち、
その多くが上京の町に集中。
細かく分業化された
西陣織の隆盛とともに、
裏みちに多彩な職人たちが暮らす
“辻子”の町が広がっています。

織物司がなんと屋敷のなかに
道を通してできた、紋屋辻子。
味噌屋辻子に灰屋辻子。
巨大寺院の痕跡を伝える、聖天辻子。
現代新たに生まれた辻子も!?

そして、職人たちが通った銭湯跡。
糸を染める「西陣五水」。
斎王が暮らした地、不思議な高台に立つ
櫟谷七野神社にも立ち寄りましょう。

大通りから一筋入れば、
京都の奥底に広がる人々の暮らしが
くっきりと見えてきます。

この地に生まれ育ち、生糸問屋を商ってきた
仲さんと、織屋街の裏みち小路を訪ねます。


ガイドさん

開催日時
2021年12月19日(日)9:30~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
市バス「今出川大宮」北側 地図(Googleマップ)
※京都市考古資料館前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:2.2km】京都市考古資料館 → 1.観世辻子 → 2.慈眼庵辻子 → 3.西陣児童公園 → 4.足抜地蔵 → 5.あぐい商店街 → 6.櫟谷七野神社 →  7.雨宝院 → 8.紋屋辻子 →  9.西陣コネクト前(大宮通五辻)(解散)
参加費
3,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
15名(要予約)
コースナンバー
ky21d400

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:12月19日(日)まで

▲ ページ上部へ