• 受付あと少し
      • 9月4日(日) 10:00~15:30
  • 【神戸臨港線】神戸発展のカギは鉄道にあり!?廃線ウォッチャーと臨港線跡へ
    ~天井川をくぐり抜け!大陸連絡列車!日本で2番目の鉄道誕生プロジェクト~

かつて世界一のコンテナ取扱量を誇った
日本を代表する港町、神戸。
でも、寂しい漁村だった神戸が
港だけで発展したわけではありません。

神戸発展に立ちはだかる壁は、
実は川だった!?
天井川をくぐり抜き、
日本初のトンネルを貫通せよ!
神戸と大阪を結ぶ、
明治国家の威信を賭けた
超巨大プロジェクト。

そして、つい20年前に廃線となった
神戸臨港線を追いかけましょう。
満州へと繋がる、大陸連絡列車とは?
“日本一短い国道”が
なぜこんなところに?
今も残る鉄路、神戸港駅の痕跡とは!?

港町発展のカギは鉄道にあり!
廃線ウォッチャー中村さんとともに、
神戸の夢を賭けた
巨大鉄道プロジェクトを訪ねましょう。


ガイドさん

  • 中村浩史 さん

    廃線ウォッチャー。父親譲りの鉄道ファンで、実家の前を走っていた京都市電の音を子守唄に育つ。父の撮った古い鉄道写真をこつこつ整理しながら、暇を見つけては京都市電の廃線跡を歩き始め、これらをまとめたWebサイトを立ち上げた。環境プランナーでもあり、音楽と古き良き時代を愛するトライアスリートでもある、まさに「鉄」人。著書に『京都市電の廃線跡を探る』。
    京都市電の廃線跡を探る

    担当コースを見る >

開催日時
2022年9月4日(日)10:00~15:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「さくら夙川」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約6.0km】JR「さくら夙川」駅 → 1.大谷町 →  2.石屋川公園 (昼食) → 3.JR「六甲道」駅 → (乗車) → 4.JR「灘」駅 → 5.HATゆめ広場 → 6.みなとのもり公園 → (解散) ※解散場所の最寄は、JR「三ノ宮」駅
参加費
5,500円(保険料含む) ※バス・電車代340円が別途必要です。
※昼食は各自でご持参ください。(道中にコンビニ有り)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky22d015

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:9月4日(日)まで

▲ ページ上部へ