• 受付終了
      • 9月16日(金) 14:00~16:30
  • 【先斗町・祇園】旅館支配人と「ぞめく」謎に満ちた花街物語、お茶屋組合内部へ
    ~「祇園ねりもの」幻の衣装を拝見、伝説うず巻く花街の路地めぐり~

花街を知り尽くした
祇園の旅館支配人・正脇さんとともに、
京都を代表する大人の街へ。

その名前の由来から
謎に包まれた花街・先斗町は、
多くの物語に満ちています。

路地の祠が、タヌキの棲家!?
戦争の爪あと疎開公園。
祇園と先斗町を結んだ、
プライベート橋の痕跡。
先斗町ならではの
20数本もある細い細い路地めぐり。

そして、鴨川を渡り祇園町へ。
今回はなんと、通常非公開
芸舞妓のお稽古等に使われる
祇園東お茶屋組合へ。

戦後途絶えてしまった、
芸舞妓たちによる
もう一つの祇園祭「祇園ねりもの」
幻の衣装を特別に拝見します。

大人のロマンに満ちた先斗町から
永遠のライバル・祇園町まで。
誰もが憧れる
日本一の花街をめぐりましょう。


ガイドさん

  • 正脇良平 さん

    祇園の旅館「ギオン福住」支配人。祇園甲部、祇園東、宮川町の芸舞妓の手配、また自らお座敷の司会進行を手がけ、花街文化に親しんできた。全国200箇所以上の花街・花街跡を訪問。現在はもっぱら「祇園ねりもの」の復興を目指して活動中。
    花街ぞめき

    担当コースを見る >

開催日時
2022年9月16日(金)14:00~16:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「三条」中央改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約1.8km】京阪「三条」駅 → 1.先斗町 → 2.岬神社 → 3.巽橋 → 4.祇園東 → 5.祇園東お茶屋組合(内部) → (解散)
参加費
4,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
15名(要予約)
コースナンバー
ky22d039

受付は終了しました

▲ ページ上部へ