• 受付中
      • 9月23日(金) 14:00~17:00
  • 【和歌の浦】紀州徳川家の聖地!美しき港町、青石の岩窟、砂州が続く特殊地形
    ~“和歌山”はここから始まった!水上楼閣、絢爛豪華な西の日光東照宮まで~

絶景の宝庫・和歌の浦へ。
新元号で話題の万葉集でも
数多く詠われた、和歌の神を祀る聖地です。

潮の満ち引きにより干潟が現れては消え、
ダイナミックに表情を変える姿は
歌人たち憧れの地となり、
豊臣秀吉がここから「和歌山」を命名。

紀州徳川家も社寺を祀り、
楼閣や庭園を設けて、その景勝を育みました。

中国の西湖堤を模した「三断橋」を渡ると、
初代藩主が愛した水上楼閣「観海閣」が。
干潟に浮かぶ小島、妹背山の「海禅院」。

極彩色の彫刻や、狩野探幽の障壁画が
荘厳する“西の日光”「紀州東照宮」。
美しき港町、砂州が続く特殊地形とは?
なんと、青石の岩窟に鎮座する
社殿にもお参りしましょう。

ときを忘れて
見惚れてしまうほどの情景。
和歌山案内のスペシャリスト
松浦さんとともに、
紀州徳川家の聖地を巡ります。


ガイドさん

  • 松浦光次郎 さん

    和歌山案内のスペシャリスト。「ハッピ先生」と言う愛称で親しまれ、そのハッピを着た軽妙な語りはメディアでも話題を集める。著書に『本当はスゴイョ和歌山城』『友ヶ島』、和歌山の魅力を伝える絵本『ともちゃんのえんそく』。わかやま新報で、和歌山城に関する連載を担当。

    担当コースを見る >

開催日時
2022年9月23日(金・祝)14:00~17:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
和歌山バス「和歌浦口」バス停 地図(Googleマップ)
・JR「和歌山」駅からは、和歌山バス24系統・新和歌浦行13:30発(13:51着)に乗車ください。
・南海「和歌山市」駅からは、和歌山バス13系統・和歌浦口行13:28発(13:46着)に乗車ください。
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約4.0km】 1.紀州東照宮 → 2.あしべ通り → 3.不老橋 → 4.塩竈神社 → 5.観海閣 → 6.玉津島神社 → 7.奠供山 → 8.万葉館 (解散) ※靴を脱いで上がる場所あり
道のアップダウン度★☆☆ 坂道や階段が多いです。
参加費
4,000円(保険料含む) ※紀州東照宮拝観料込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky22d068

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:9月23日(金)まで

▲ ページ上部へ