木立雅朗 さん

立命館大学文学部教授。考古学、特に窯業に関する研究を手掛ける。「もの」から歴史を見る考古学を通じて、華々しい歴史とは違う角度から「京都」と向き合う。ここ10年、戦跡考古学を研究したいという学生が増え、陶器製手榴弾や陶器製地雷、防空壕などにも研究の幅を広げつつある。
藤平伸とその背景 ―京焼登り窯の広がり

過去のコース

2021 夏

2021 春

2021 冬

2020 秋

2020 夏

2020 春

2020 冬

2019 秋

2019 夏

2019 春

2019 冬

2018 秋

2018 夏

2018 春

2018 冬

2017 秋

2017 夏

2017 春

2017 冬

2016 秋

2016 夏

2016 春

2016 冬

2015 秋

2015 夏

2015 春

2015 冬

2014 秋

2014 夏

2014 春

2014 冬

▲ ページ上部へ