• 開催済
      • 9月6日(日) 9:30~12:00
  • 【東山】気象予報士と歩く京都の災害史、三十三間堂から大谷本廟へ
    ~京都を襲った大地震!暴れ川・鴨川対策、いにしえの耐震設計まで~

noimg

noimg

京都でも、地震・洪水・台風・大火など
過去に様々な大災害を経験してきました。

古代より人々を悩ませ続けた、鴨川の氾濫。
2013年に架橋100年を迎えた七条大橋は、
鴨川現存最古の橋として
昭和10年の大水害を耐え抜きました。

京都屈指の古建築・三十三間堂には耐震設計があり、
豊国神社は、地震によるデマの舞台ともなりました。

奈良の大仏をも凌ぐ
巨大さだった方広寺の大仏は、
地震・雷・火事の被害にあい
痕跡だけが残っています。

歴史都市・京都には、数々の災害の記録や痕跡、
そして対策が至る所に残されています。

気象予報士の視点から、
災害の実況経過、特徴や
情報の活用方についてもガイドしながら、
京都の災害史を歩きます。


ガイドさん

  • 吉村晋弥 さん

    「京都・観光文化検定試験(京都検定)」において、最高峰の1級に4年続けて最高得点者として合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。特技はお箏の演奏。祇園祭が好きすぎて山鉾町で暮らしている。気象予報士。
    京都旅屋
    ブログ

    担当コースを見る >

開催日時
2015年9月6日(日)9:30~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「七条」淀屋橋方面改札口前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.3km】 京阪「七条」駅 → 1.七条大橋(鴨川水害について) → 2.三十三間堂(耐震建築) → 3.豊国神社(地震で広まったデマ) → 4.方広寺・大仏殿跡(地震・雷・火事・・・大仏のなれの果て) → 5.馬町(空襲) → 6.大谷本廟(室戸台風の記憶) → (解散) ※解散場所の最寄駅は、京阪「五条」
参加費用
3,100円 (保険料含む) ※三十三間堂の拝観料込み
※当日集合時にお支払いください。お釣りのないようお願いします。
※小学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
(但し、別途拝観料が必要です)
定員
18名(先着順・要予約)

参加予約:ページ下【参加予約はコチラから】ボタンをクリック

       または、まいまい京都事務局までお電話ください。
       電話:075-462-2312
       (受付時間10:00~18:00 ※水・日・祝は定休日)

●定員で締め切りますので、お早めにご予約ください。
●予約申込後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきた
 ガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。
 キャンセルのないようお願いいたします。
●歩きやすい服装と靴でお越しください。
●日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
●雨天決行です。警報や注意報が発令されるなど荒天時は中止します。
 中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ