• 開催済
      • 9月25日(日) 9:30~12:00
  • 【伏見】研究者とめぐる水運のまち、伏見の賑わいは浜にあり!
    ~豊臣・徳川が築いた京都の玄関口、大名が舌鼓を打った伏見駿河屋へ~

noimg

noimg

全国から大勢の旅人で賑わう京都駅。
江戸時代、その賑わいは伏見の浜にありました。

船に乗る人、降りる人。
東を目指す人、西へ帰る人。

豊臣秀吉・徳川家康が遺したインフラは
京都の玄関口として伏見に人々を集め、
日本最大の河川港へと発展します。

参勤交代で行き来した
大名が舌鼓を打った伏見駿河屋。
旅人たちが願掛けをした油懸地蔵。
寺田屋前に残る、江戸時代の雁木跡。

伏見の賑わいは浜にあり!
地元で生まれ育った研究者の若林さんと、
水運のまち・伏見をめぐります。


ガイドさん

  • 若林正博 さん

    伏見で生まれ育った生粋の伏見史研究家。幼少の頃、祖父正治から「徳川家康の代は江戸幕府ではなく伏見幕府」と聞かされて以来、伏見の歴史を深く探究している。BS朝日『歴史発見 城下町へ行こう!」』で伏見幕府を案内。「伏見城跡地の変遷と地名としての桃山の定着」「京阪六地蔵線、新京阪山科線と名古屋急行」「大陽ロビンス、松竹ロビンスを中心として」等の論考あり。鉄道史、プロ野球史にも精通する。
    Facebook

    担当コースを見る >

開催日時
2016年9月25日(日)9:30~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「中書島」北改札口前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.6km】 京阪「中書島」 → 1.昭和伏見港船溜跡 → 2.三栖閘門 → 3.支配境遠望 → 4.三栖町五丁目 → 5.舟入跡と角倉顕彰碑 → 6.であい橋 → 7.高瀬川落合 → 8.京橋浜 → 9.伏見駿河屋(下油掛町) → 10.油懸地蔵(西岸寺) (解散) 
参加費用
2,500円 (保険料含む)
※当日集合時にお支払いください。お釣りのないようお願いします。
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(先着順・要予約)
参加予約
ページ下【参加予約はコチラから】ボタンをクリック
または、まいまい京都事務局までお電話ください。
電話:075-462-2312
(受付時間10:00~18:00 ※水・日・祝は定休日)
  • 定員で締め切りますので、お早めにご予約ください。
  • 予約申込後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。警報や注意報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。
  • ※最下の画像は「京の記憶アーカイブ(京都府立総合資料館)」より転載

▲ ページ上部へ