order dissertation online
    • 開催済
      • 3月17日(土) 9:00~12:00
  • 【宇治】庭師とめぐる浄土庭園、平等院のランドスケープ
    ~鎮守社・宇治上神社から浮島十三重石塔、平等院鳳凰堂まで~

王朝貴族たちの別荘が立ち並び
『源氏物語』の舞台となった、宇治。

宇治川を挟んで「この世とあの世」
「華やかさと静けさ」など、対照的な要素を持ち、
平安京とは違う別世界が広がります。
この地に、現世の極楽浄土として
造られたのが、平等院の浄土庭園です。

平安時代の建立で、神社建築としては
日本最古の本殿をもつ、宇治上神社。
もとは宇治上神社と二社一体の
存在であった、宇治神社。

日本最大で最古の石塔、浮島十三重石塔。
王朝貴族が建立した建物や仏像、
壁画、庭園まで残る唯一の寺院、平等院。

平安時代のランドスケープを
色濃く残す宇治の地を、庭師とともに巡ります。


ガイドさん

開催日時
2018年3月17日(土)9:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「宇治」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.5km】 京阪「宇治」 → 1.宇治橋 → 2.宇治上神社 → 3.宇治神社 → 4.浮島十三重石塔 → 5.平等院 (解散)
参加費用
4,000円(保険料含む) ※平等院拝観料込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 (但し、別途拝観料が必要です)
定員
18名(先着順・要予約)
コースナンバー
ky18b035
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催3日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら >
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ