order dissertation online
    • 開催済
      • 9月19日(水) 13:30~17:00
  • 【長岡宮】幻の都から向日丘陵へ!太陽に向かう町・向日のロマンを追いかけて
    ~国内最古級の前方後方墳、向日神社、プラネタリウムまで~

太陽に向かう場所、から
地名が由来する「向日」のまちへ。

国内最古級の前方後方墳、元稲荷古墳。
この巨大な古墳は、卑弥呼の墓ともいわれる
箸墓古墳との繋がりが指摘されています。

緑に包まれる美しい参道を登ると、
小高い丘の上に鎮座する、向日神社。
その由緒ある本殿は、中世の神社建築の代表として
明治神宮本殿のモデルにもなりました。

京都に都が遷る前、
日本の中心地だった、幻の長岡宮の姿とは!?
「長岡」の地名は、この丘からきています。

そして、最先端のデジタル式プラネタリウムに
リニューアルされた、向日市天文館へ。
まるで映画のような迫力。
宇宙の姿を体感します。

ロマンあふれる見どころが
ギュッとつまった「向日」のまち。
太古から宇宙まで、
向日のロマンを追いかけましょう。


ガイドさん

  • 吉村晋弥 さん

    気象予報士として10年。「第5回京都・観光文化検定試験(京都検定)」において、最高峰の1級に回の最年少で合格(当時26歳)。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。歴史だけでなく、その日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。祇園祭が好きすぎて山鉾町で暮らしている。
    京都旅屋
    ブログ

    担当コースを見る >

開催日時
2018年9月19日(水)13:30~17:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
阪急「西向日」西改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.3km】 阪急「西向日」 → 1.長岡宮朝堂院跡 → 2.長岡宮大極殿跡 → 3.南真経寺 → 4.向日神社 → 5.元稲荷古墳 → 6.向日市天文館 → 7.西国街道 → 阪急「西向日」(解散)
参加費用
3,200円(保険料含む) ※プラネタリウム料込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 (但し、プラネタリウム料が別途必要です)
定員
20名(先着順・要予約)
コースナンバー
ky18d051
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ