order dissertation online
    • 受付終了
      • 12月15日(土) 10:00~12:00
  • 【大阪旧居留地】モダン大阪、開港150年!川口居留地と松島遊廓をたどる
    ~日本最古級の基督教会、幻の江之子島政府、復活した赤線地帯まで~

外国人居留地といえば神戸が有名ですが、
大阪の川口にも、洋館が立ち並ぶ
開港場があったことをご存知でしょうか。

しかも対岸には、ドームを備えた堂々たる
洋風建築の大阪府庁舎や市庁舎が建ち、
大阪の文明開化は、まさにここから始まったのです。

“江之子島政府”と呼ばれ、
西の居留地に正面を開けた大阪行政の中心地。
今は地続きとなりましたが、
島の高低差が残っています。

旧居留地では、日本最古級の
荘厳な大聖堂、川口基督教会を拝見しましょう。
そして、居留民のために作られた松島遊郭。
飛田新地と並ぶ、現役の色街をめぐります。

モダン大阪は西を向いていた!
明治の開港から、今年で150年。
大阪の人々に大きな影響を与えた、
旧居留地を訪ねます。


ガイドさん

  • 陸奥賢 さん

    観光家/コモンズ・デザイナー/社会実験者。1978年大阪生まれ。「世界観に光をあてて揺さぶる」をモットーに「大阪七墓巡り復活プロジェクト」「まわしよみ新聞」「直観讀みブックマーカー」「当事者研究スゴロク」「劇札」「歌垣風呂」「仏笑い」など、日夜、妙な遊びの仕組みを作って世間に広めている。
    むつさとしのブログ

    担当コースを見る >

開催日時
2018年12月15日(土)10:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
大阪メトロ「阿波座」中改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.5km】大阪メトロ「阿波座」駅 → 1.江之子島文化芸術創造センター →  2.川口基督教会 → 3.松島公園 → 4.松島新地 → 5.九条商店街 (解散) ※解散場所の最寄駅は、大阪メトロ「九条」
参加費用
3,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(要予約)
写真
6枚目の写真は Copyright Totti
コースナンバー
ky18d287
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

受付は終了しました

▲ ページ上部へ