order dissertation online
    • 開催済
      • 3月23日(土) 14:00~16:30
  • 【東山】考古学者とめぐる、愛憎渦巻く法住寺殿・平家物語の世界へ
    ~法皇と愛した女性が眠る、東山の麓に誕生した広大な離宮~

平安時代末期、平清盛や源頼朝などの
武士と渡り合いながら
常に政界の頂点に君臨した、後白河法皇。

その後白河法皇の本拠地として、
東山の麓に造成された
広大な離宮が「法住寺殿」です。

今も残る、巨大苑池の断崖。
京に熊野古道を持ってきた!?
法皇お手植え、樹齢800年と伝わる大樟。
三十三間堂もこの法住寺殿の中に
造られた御堂の一つでした。

愛憎渦巻く、平家物語の世界へ。
法皇と愛した女性が眠る、荘厳な
政治宗教ワールド・法住寺殿を巡ります。


ガイドさん

  • 山田邦和 さん

    考古学・歴史学研究者。京都生まれ京都育ち。平安博物館、京都文化博物館、花園大学教授などを経て、現在は同志社女子大学教授。考古学をメインとしながら文献史学、歴史地理学などを総合した京都都市史の再構成をめざしている。『カラーブックス京都』『京都都市史の研究』『日本中世の首都と王権都市』(主著)『平安京提要』(共著)『歴史のなかの天皇陵』(共編著)ほか。
    平安京閑話
    日本中世の首都と王権都市―京都・嵯峨・福原(Amazon)

    担当コースを見る >

開催日時
2019年3月23日(土)14:00~16:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京阪「七条」淀屋橋方面改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約3.1km】 京阪「七条」駅 → 1.三十三間堂(外観のみ) → 2.法住寺 → 3.後白河天皇陵 → 4.新日吉神宮 → 5.新熊野神社 → 6.一橋小学校 → 京阪「東福寺」駅 (解散)
参加費用
3,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky19b053
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ