order dissertation online
    • 受付終了
      • 4月9日(火) 14:30~17:30
  • 【千里】北摂100万年凸凹ヒストリー!千里ニュータウン発、太陽の塔経由の現在地
    ~大阪層群を巨大造成!高低差に刻まれた時代の積層を追う~

かつては海の底だった、現在の千里丘陵。
江戸時代には、崖下の谷筋に
街道と集落が展開。

崖の上には戦後、「理想の住宅地」を
求めて大規模開発が進みました。
複雑な地形を切り開き、山を削り谷を埋め
巨大な人工ランドスケープを作り出した、
千里ニュータウンです。

そして、20世紀最大のイベント・大阪万博。
シンボルタワーとしての太陽の塔。
自然地形とは真逆の計画軸をもった、万博会場。

人は斜面とどう向き合ってきたのか?
大阪層群の露頭観察から、旧家が連なる街道、
「歩車分離」「N-Sペア」など、
練りに練られた公団団地の都市計画まで。
京都高低差崖会の梅林さんと、
「ニュータウン」を本格的に歩いてみましょう。

高低差を登り降りするたびに
異なる時代が交差する千里丘陵へ。
北摂100万年凸凹ヒストリーを追いかけます!


ガイドさん

開催日時
2019年4月9日(火)14:30~17:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
モノレール「万博記念公園」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:4.0km】「万博記念公園」駅 → 1.大阪層群 露頭 → 2.小野原街道(旧山田村) → 3.阪急「山田」駅 → 4.千里津雲台団地 → (解散)
参加費用
4,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky19b097
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

受付は終了しました

▲ ページ上部へ