• 開催済
      • 10月26日(土) 9:30~12:00
  • 【南禅寺奥の院】御用庭師といく神仙佳境の霊地、南禅寺の最奥へ
    ~バケ灯籠、方丈庭園、巨岩に刻まれた観音菩薩…深淵なる石の世界~

「五山之上」京都五山でも別格扱いの大刹・南禅寺へ。
いつも多くの観光客で賑わう有名寺院ですが、
実は、ほとんどの人が訪れない
奥の院が面白いって、ご存知でしょうか?

小堀遠州作という枯山水「虎の児渡し」。
それぞれに異なる表情を見せる
如心庭、六道庭、華厳庭。
青もみじに包まれる神仙佳境の霊地・最勝院。
更に奥には、巨岩と滝が織りなす神秘の聖域が。

そして、南禅寺は「石」がこれまた面白い。
やたらとでかい「バケ灯籠」。
大名たちの苦労を語る「刻印石」。
突如あらわれる「磨崖仏」。

鞍馬石や貴船石など、
銘石に実際に触れながら「加茂の七石」や
チャートの見分け方をレクチャー。
江戸時代より南禅寺の御用庭師をつとめる
植彌加藤造園の庭師、竹村さんがご案内。

名景に秘められた庭師の思い。
南禅寺の最奥を訪ねます。


ガイドさん

  • 竹村茂好 さん

    嘉永元年(1848)創業、植彌加藤造園の庭師。南禅寺の御用庭師を務める。最高の技術や感性、美意識で伝統を創造する、粋なプロの職人を目指す。無類の“石”好きで、最近は南禅寺の石造物を調査中。マニアックながらも分かりやすい案内で、各地に石造物愛好家を増殖させている。
    植彌加藤造園

    担当コースを見る >

開催日時
2019年10月26日(土)9:30~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
南禅寺 三門前 地図(Googleマップ)
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.1km】1.南禅寺三門 → 2.南禅寺境内 → 3.水路閣 →  4.奥の院 →  5.大玄関 →  6.方丈 (解散) ※靴を脱いで上がる場所あり
道のアップダウン度★☆☆ 一部、足場の悪い坂道を歩きます。
参加費用
4,000円(保険料含む) ※南禅寺本坊拝観料込み
※植彌加藤造園クリアファイル、庭園解説資料付き
※『地図で読む京都・岡崎年代史』資料冊子代込み
 (但し、冊子をお持ちの方は500円割引き。予約申込時、備考欄にその旨を記入ください)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
20名(要予約)
共催
京都岡崎魅力づくり推進協議会
コースナンバー
ky19d148
  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催7日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

▲ ページ上部へ