竹村茂好 さん

嘉永元年(1848)創業、植彌加藤造園の庭師。南禅寺の御用庭師を務める。最高の技術や感性、美意識で伝統を創造する、粋なプロの職人を目指す。無類の“石”マニアで、最近は南禅寺の石造物を調査中。“苔”にもこよなく愛をそそぎ、数多の苔を育んでいる。
植彌加藤造園

過去のコース

▲ ページ上部へ