• 受付あと少し
      • 11月3日(水) 9:30~11:30
  • 【山ノ内】屋根より高い川の跡!天井川に挟まれた、比叡山の旧領・山ノ内を巡る
    ~西院村VS山ノ内村!?高低差から読み解く、村の姿と暮らし~

川の底が周囲の地面より
高くなってしまった「天井川」を
ご存知でしょうか?
今回は、2つの天井川に挟まれた
京都に一番近い旧村、山ノ内へ。

かつて「お山」比叡山延暦寺の
飛び地境内だったことから「山ノ内」という名に。
山王神社や猿田彦神社、念仏寺など、
比叡山と密接な寺社が今も集っています。

京都で唯一の路面電車、嵐電は
山ノ内でなぜ急坂をのぼる?
天井川をめぐって、西院村VS山ノ内村!?

幕末の大運河、西高瀬川。
高低差から読み解く、村の姿と暮らし。
「ひょうたん屋敷」て、いったい何?
タモリさんも大興奮だった、
屋根より高い川の跡。

御土居の出入口「三条口」を目指して、
山ノ内をめぐりましょう。


ガイドさん

  • 山田章博 さん

    NPO京都コミュニティ放送理事長。京都大学で建築デザインを学んだが、道を踏み外し都市計画から住民参加のまちづくりへ。市民がほんとうに主役になる社会をめざす、自称ソーシャル・アーキテクト。市民空間きょうと主催。歩いて暮らせる街づくり推進会議世話人。左京区下鴨在住。ask me! Cafe店主。
    Twitter
    Facebook

    担当コースを見る >

開催日時
2021年11月3日(水・祝)9:30~11:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
地下鉄「太秦天神川」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:約2.6km】地下鉄「太秦天神川」駅 → 1.天神川・西高瀬川 → 2.猿田彦神社 → 3.旧村・山ノ内 → 5.染色工場群 → 6.山王神社 → 7.養老田川跡 → 8.島津製作所三条工場前 → 嵐電「西大路三条」駅 (解散)
参加費
3,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
15名(要予約)
コースナンバー
ky21d182

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:11月3日(水)まで

▲ ページ上部へ