• 受付あと少し
      • 5月28日(土) 14:00~17:30
  • 【伏見桃山】森の案内人といく御陵の杜、近代日本の大君主が眠る巨大プロジェクト
    ~天下人の巨城は、大自然のサンクチュアリへ!御香宮から乃木神社を越えて~

天皇陛下が即位儀式をしたことで
話題を集めた、明治天皇陵へ。

豊臣徳川の居城、伏見城の本丸跡に
明治天皇自らの遺言によって
築かれた皇室の聖地は、
100年の時を経て、大自然の
サンクチュアリへと変貌を遂げました。

針葉樹林が続く、御陵参道。
今も残る、伏見城の石垣。
南を向けば、かつて巨椋池を望んだ絶景が。

御陵を守る軍神・乃木神社。
神門に、なぜ台湾檜が?
明治天皇を追って殉死した
日露戦争の英雄・乃木希典を祀り、
なんと満州にあった住居が移築されています。

そして江戸時代、桃見の名所だった
“桃山”の絶景はいま──

近代日本の大君主が眠る、
巨大プロジェクト・桃山御陵。
森の案内人とともに、清涼で凛とした
御陵の杜を巡りましょう。


ガイドさん

開催日時
2022年5月28日(土)14:00~17:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
近鉄「桃山御陵前」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:2.0km】近鉄「桃山御陵前」 → 御香宮 → 乃木神社 → 伏見城 → 明治天皇陵 (解散)
道のアップダウン度★☆☆ 坂道や階段が多いです。
参加費
3,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky22b290

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:5月28日(土)まで

▲ ページ上部へ