• 受付終了
      • 10月27日(木) 12:30~15:00
  • 【旧甲子園ホテル】エキゾチックな戦前最高級ホテル!ライト式建築を堪能せよ
    ~凝りに凝った意匠、美しすぎる泰山タイル、阪神間モダニズムの最高傑作~

  • 兵庫県西宮市

戦前の最高級リゾートホテル、
甲子園ホテルへ。
“20世紀最高の建築家”と名高い
F.L.ライトの右腕、遠藤新が設計し、
「東の帝国ホテル、
西の甲子園ホテル」と評されています。

鳥が大きく翼を広げたような外観。
和でも洋でもない、千変万化する
重厚でエキゾチックな意匠。
美術タイルの最高峰・泰山タイル。
段差や曲がり道を多用した、
迷路のような空間構成。

どこを見ても
現代では考えられないほど、
とにかく手間ひまをかけた
建築技術に、思わず息を呑みます。

幾何学的デザインや
黄色い化粧煉瓦など、
日本中で大ブームを
巻き起こした、ライト式建築。

そのなかでも、
ライトの作品よりライト的と言われる
阪神間モダニズムの最高傑作
「旧甲子園ホテル」を、
じっくり堪能しましょう。


ガイドさん

  • 二村盛寧 さん

    京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員。京都検定マイスター。寺院建築等にみられる「敷瓦」を多角的に考察するなど、研究活動を行う。「ヴォーリズ建築の広告塔」を名乗る。

    担当コースを見る >

開催日時
2022年10月27日(木)12:30~15:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「甲子園口」南改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:0.8km】JR「甲子園口」駅 → 甲子園会館 (解散)
参加費
4,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
25名(要予約)
コースナンバー
ky22d165

受付は終了しました

▲ ページ上部へ