• 受付あと少し
      • 10月19日(水) 13:30~17:00
  • 【衣笠】画家たちが暮らした絵描き村、通常非公開の旧木島櫻谷邸と衣笠会館へ
    ~64畳の大画室、山々を一望する洋館、遊び心あふれる櫻谷の建築美~

  • 京都府京都市

その美しい自然が愛されて、
多くの日本画家が住居やアトリエを構え
「絵描き村」と呼ばれた衣笠へ。
いくつかのお屋敷が今も残っています。

まずは通常非公開、
京都画壇の一時代を築いた
木島櫻谷の旧邸を拝見。

自然を取り込む64畳の大画室。
和洋に中国文人趣味、山々を一望する洋館。
壁に掛けた軸物や、竹・ワラビの意匠まで
櫻谷自らが設計に携わった、
遊び心あふれる建築を堪能しましょう。

そして、絵描き村誕生のきっかけをつくった
藤村岩次郎の旧邸も拝見します。
京都の大工が手がけた、
レンガ造りの重厚な洋館です。

近代に生まれた、新しい郊外の暮らし。
画家たちが愛した衣笠絵描き村をたどります。


ガイドさん

  • 二村盛寧 さん

    京都産業大学日本文化研究所 上席特別客員研究員。京都検定マイスター。寺院建築等にみられる「敷瓦」を多角的に考察するなど、研究活動を行う。「ヴォーリズ建築の広告塔」を名乗る。

    担当コースを見る >

開催日時
2022年10月19日(水)13:30~17:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
嵐電「北野白梅町」改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:1.1km】嵐電「北野白梅町」駅 → 1.衣笠会館(内部見学) → 2.旧木島櫻谷邸(内部見学) → (解散)  ※靴を脱いで上がる場所あり
参加費
5,000円(保険料含む) ※志納料込み
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
20名(要予約)
コースナンバー
ky22d146

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:10月19日(水)まで

▲ ページ上部へ