• キャンセル待ち
      • 10月30日(日) 9:00~12:00
  • 【仁丹看板】京都仁丹樂會と徹底解剖!区境の謎を、名物看板で解き明かせ
    ~上京VS中京・左京VS東山!激レア木製仁丹から、幻の“東山線通”まで~

  • 京都府京都市

京都の街角によく貼ってある
「仁丹の町名看板」をご存知でしょうか?

カイゼル髭で威厳たっぷりの
おじさんが描かれた看板は、
95年近く現役で京のまちの
ナビゲーターを務めています。

しかし、いつ、誰が、
どのようにして設置したのか
一切記録がなく、謎だらけ。
だからこそ、面白い。

今回は、4つの区境が接するエリアへ。
上京VS中京、左京VS東山!
仁丹に残る、幻の“東山線通”とは!?

京都の骨格を作った、三大事業。
日本屈指の長い住所。
激レアな木製仁丹も。

仁丹が分かれば、京都のまちが楽しくなる!
区境の謎を、名物看板で解き明かしましょう。


ガイドさん

  • 下嶋一浩 さん

    仁丹マニア。20年前のある日、左京区で「上京区」と記された仁丹の町名表示板に出会い、その不思議な魅力にどっぷりハマってしまう。京都仁丹樂會の設立に携わり、2010年には森下仁丹株式会社による「京都琺瑯町名看板プロジェクト」のアドバイスを担当。今も京都中を仁丹求めて歩き回り、さらなる探究をライフワークとして楽しむ。

    担当コースを見る >

開催日時
2022年10月30日(日)9:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
京都市歴史資料館前 地図(Googleマップ)
・市バス「河原町丸太町」から徒歩5分
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:3.4km】京都市歴史資料館前 → 1.寺町通 → 2.川端二条 → 3.冷泉通 → 4.東山仁王門 → 地下鉄「東山」駅 → (解散)
参加費
3,500円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
15名(要予約)
コースナンバー
ky22d174

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:10月30日(日)まで

▲ ページ上部へ