• キャンセル待ち
      • 1月29日(日) 9:00~11:45
  • 【東西本願寺】日本最大の寺内町はどうできた!?お西VSお東、激動の400年を追う
    ~地理男子シゲちゃんと仏具屋町から旅館街へ!謎のカーブに残る堀、石造怪獣まで~

  • 京都府京都市

JR京都駅前に
巨大な伽藍を誇る
東西ふたつの本願寺。

東西分裂の起点は、戦国時代まで遡ります。

信長との長きにわたる激しい抗争。
移転に次ぐ移転、西と東の分断。
秀吉の都市改造から
家康の老獪な策略を経て、
両本願寺の周囲には
やがて日本最大の寺内町が
形成されました。

職人が集まる一大経済圏。
上地令による土地没収から道路拡幅、
曲げられた市電ルート・・・。

門徒詰所群は旅館街となり、
寺内町は門前町へ。
そして、京都駅開業へ。

謎のカーブに残る堀。
不思議な石造怪獣に、
道の真ん中の噴水池!?

目を凝らせば、今も街の至るところに
様々な痕跡が息づいています。

日本最大の仏教宗派、浄土真宗。

地理男子シゲちゃんとともに、
古地図や古絵図を駆使して
お西VSお東、激動の400年を
追いかけましょう!


ガイドさん

  • 重永瞬 さん

    参道研究会会長。境内を鉄道が横切る「分断参道」が好きで、全国の分断参道をマッピングしている。「京都・観光文化検定試験」1級に史上最年少で合格(当時20歳)。著書に『大阪市天王寺区生玉町におけるラブホテル街の形成と変容 歴史編』『統計から読み解く色分け日本地図』。京都大学地理学研究会の第7代会長。
    統計から読み解く色分け日本地図(Amazon)
    Twitter

    担当コースを見る >

開催日時
2023年1月29日(日)9:00~11:45頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「京都」中央口改札前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:3.9km】京都駅 → 西本願寺旧寺内 → 東本願寺旧寺内 → 京都タワー周辺 (解散)
参加費
4,000円(保険料含む) 
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
ky23a034

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:1月29日(日)まで

▲ ページ上部へ